どうもフリーザDRGNです。


2018年ADA(エイダ)について書いていきます。

ADAはカルダノ財団が運営し、オープンソースの分散型プラットフォーム上で使われる通貨です。
チャールズ・ホスキンソン(イーサリアムの開発者)が開発に携わったことで有名です。
時価総額ランキング10位以内に入っています。



ADA上場したときは3円ぐらいで2018年1月上旬のときは130円台突破!
歓喜の嵐だった。億万長者になった人もいたな。
「やたー!!」
CC176164632_TP_V

だがしかし、ずるずると下落し今(4月6日)は15円まで落ちていった。
高値で利確した人はいいが、高値掴みの人の怨念がすごそうだ。
DQqPva9UIAEbtRP

今年ADAは上がるのか?
Lisk_logo_201802
パネルディスカッションではCardanoのトークン(ADA)価格が8623.99%上昇し、2018年末には3番目(ビットコインとビットコインキャッシュに続いて)に高い時価総額となることが予想されました。

Bitcoin投資プラットフォームSpendherの創設者であるSkye Dunworthでは年末までに50ドルを予想している
これが本当なら、高値掴みの人は助かるどころか今から積立しとけば億り人になるんじゃ!?


4月16日にCardano(ADA)、香港拠点の仮想通貨取引所Huobi(フオビ)に上場


あくまでも予想ですので投資は自己責任で

期待を膨らませ購入、またはガチホ!