どうもフリーザDRGNです。

Dragonchain Academyについて紹介します
※この記事はDragonChainの記事をもとに書いています。


教育改革:Dragonchain Academyによるトークン化された学習と証明


Dragonchain Academy

Dragonchain Academyは、認定およびトレーニングアーキテクトのTommy Cookseyの助力を得て、Blockchain Seattle conference以来初めて公開されました

ダウンロード

Tommy Cooksey
BlockChain最も熱心なトレーナー/Full Stack Web開発者


Accessibility
Dragonchain Academyを使用すると、ユーザーは特定のスケジュールや場所に制限されることなく、専門家主導のカリキュラムのすべての利点を得ることができます。
学生は自分の時間と自分のペースでコースを受講することができます。また、受講したくない科目を避けることもできます。

物理的またはオンラインのすべての学習スペースには、アクセスを制限する共通の前提条件もあります。
特定の学位や認定資格、応募手続き、クラスを履修したような単純なものであっても、通常、コミュニティのかなりの部分から教育プログラムを守るレベルの経験があります。

Dragonchain Academyはすべてのプログラミング言語とすべてのレベルの経験をサポートしています。ブロックチェーンの経験がない人であっても、そのコンテンツに従事することができます。


Affordability

ブロックチェーン教育の方法には多くの障害がありますが、ほとんどの留学生にとって最も禁止される要素は、クラスと認定資格に結びついたコスト。

ドラゴンチェーンアカデミーは、ユーザーにはほとんど料金をかけずにコースを提供することで、この問題を軽減しています。
その最初の2つの認定、Certified Dragonchain UserとCertified Dragonchain Practitionerは他の100レベルのコースと同様に、無料のクラスと評価でリリースします。




Tokenized Incentive Loop
これらの認定およびそれに続くすべての認定は、トークン化された報酬制度の恩恵を受けるため、ユーザーは評価を成功させて認定を取得するためにドラゴンズを獲得します。
これらのドラゴンズは、より高いレベルの認定資格の費用をカバーするのに役立ち、ユーザーはポケットから出費することなくアカデミーを進めることができます。
十分に強力なパフォーマンスを備えれば、ユーザーはより多くの教育を受け、ブロックチェーンのコミュニティを拡大するというアカデミーの報酬から、ドラゴンズの肯定的な合計を証明することができます。

ユーザーのフィードバックからもたらされた主な洞察の1つは、ブロックチェーンのトピックと認定、およびスペースでの認定資格の数が比較的少ないこと、または認定資格を取得する場所の知識です。
ドラゴンチェーンアカデミーは、すべての背景にアクセス可能で、包括的で、関連性の高い同等のプログラムで、この特定の問題に取り組むように設計されています。

アカデミーは11月30日にリリースされる予定で、ブロックチェーンのすべてのレベルでユーザー向けのコンテンツと認定を引き続き提供します。
将来のコースには、ビジネス向けブロックチェーン、カスタム契約、Dragonchainアーキテクチャなどのトピックが含まれ、Dragonchain中心のブロックチェーンと一般的なブロックチェーンの学習トラックの両方をサポートします。
アカデミーは、世界各地の企業やワークショップのためのオンプレミスのトレーニングの計画とともに、ユーザーが利用できるコンテンツを多様化するだけでなく、消費方法も多様化することを目指しています。
※オンプレミスとは、サーバーやソフトウェアなどの情報システムを使用者(ビジネス利用の場合は企業)が管理する設備内に設置し、運用することを指します


「ドラゴンチェーンアカデミーは、知識の交換だけでなく、知識の証明のための報酬も教育し、提供します。この新しく得られた知識は、報酬制度と組み合わせて、学生に成功のための不可欠なツールを提供します。」 - Tommy Cooksey


Dragonchain Academyの教材をプレビューできます。
Academy_links