仮想通貨で貧乏脱出作戦!

貧乏人が仮想通貨で大金持ちを目指す!そんな夢を見ている。Dragonchainとバンクエラの魅力にハマってる。 様々な仮想通貨の情報をブログに紹介していきます。

1_wh-pI2ABMovPGkTajjyCZg

2018年5月15日 Triwer Smart Delivery Platform、Dragonchainとの提携を発表

Triwerとは?
Triwerはノルウェーで設立して革命的な輸送プラットフォームです。
Triwerは、ブロックチェーン技術とコミュニティコンセプトを組み込んだ、宅配便エクスプレスと宅配便のオールインワンソリューションを開発しました。
貨物配送の非効率性を排除しながら、カーボンフットプリントを削減することを目指しています。

さらに現在、ノルウェーで活動しており、すぐにイギリスとスペインで試験が行われます。
2018年末までに主要な欧州諸国にサービスを提供することを目指している。




カーボンフットプリントとは
Carbon Footprint of Productsの略称で、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組みです。



TriwerはBlockchainの技術に完全に基づいています
パートナーであるDragonchainだけが強化するという特徴です
Dragonchainは、実際のビジネスアプリケーションのブロックチェーンへの統合を簡素化し、容易な統合、ビジネスデータとオペレーションの保護、通貨アジノスティック、マルチ通貨サポートなどの機能を提供します。また、インキュベーションモデルを活用して、長期的な価値を持つ開発と成功したトークン化エコシステムを構築するためのプロフェッショナルサービスを提供しています。

Triwerは新しいパートナーシップの下でDragonchain Commercial Serverless Platformのアクセスプログラムに参加し、ソリューションの構築を開始します。

この合意により、顧客および将来のベンダーの両方として、TriwerがDragonchain Marketplaceにアクセスできるようになります。

Triwer COOと共同設立者のThomas Vogtは、次のように述べています。
「ドラゴンチェーンは、革新的なハイブリッドチェーンによって堅調な進歩を遂げています。私たちは、これが業界にとって最適な解決策であると考えています。Dragonchainの市場とあらかじめ構築されたスマートコントラクトは非常に貴重なリソースであり、私たちはそれらを当社の推奨ブロックチェーンパートナーと名づけて喜んでいます。」

「ドラゴンチェーンは、宅急便の急行と宅配業界に革命を起こすという我々のビジョンの中心的な役割を果たすと強く信じています。当社のシステムでは、Dragonchainのハイブリッドサーバーレスデプロイメントプラットフォームを通じてブロックチェーンテクノロジを組み込む予定です。Triwerはプラットフォーム開発において非常にエキサイティングな段階に入っており、新しいビジネス機会を特定、開発、活用するためにDragonchainと協力したいと大変楽しみにしています」


ドッキリびっくり仮想通貨 【Dragonchain】

Dragonchainのサイト

Triwerのサイト

  

どうもフリーザDRGNです。

仮想通貨の開発者の続きを書いていきます。

仮想通貨の開発者 パート1

仮想通貨の開発者 パート2



モナコイン(Monacoin / MONA)
Lisk_logo_201802

98E34092-A932-49E5-9F30-758978A3940C

開発者  Mr.Watanabe(わたなべ)

巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板でMr.Watanabeによって開発された日本初の仮想通貨。
開発者はMr.Watanabe(わたなべ)となっているが、素性は明かされていない。

Litecoinなどの採掘プール「2chpool」を運営していたMr.Watanabeが、2013年12月23日にβ版をリリースするが、すぐにリセットを決定。
12月30日に新Monacoinの公式アナウンスを行う。
2014年1月1日0時0分に正式リリースされた。
Litecoinをベース作られており、取引処理のスピードが高速なのが特徴。



ダッシュ(DASH)
CC176164632_TP_V
DQqPva9UIAEbtRP

開発者 Evan Duffield(エヴァン・ダッフィールド) 


2014年1月18日、XCoin(XCO)にリリースされたが、翌月の28日に名称がDarkcoin(DRK)に変更された。
2015年3月25日、DarkcoinはDash(DASH)と改称された。

2017年、Dashの創業者であるエヴァンは、今年初めにCoreのチームから離れ、現在のCEO、Ryan Taylorに指揮を譲り渡した。
エヴァンは、Dashのエコシステムを拡大することを目的とした他のプロジェクトに重点を置く予定ですが、今後もDash Coreとその開発者にアドバイスや相談を提供している。


リスク(LISK / LSK)
Lisk_logo_201802



DQqPva9UIAEbtRP 1_wh-pI2ABMovPGkTajjyCZg


開発者 マックス・コーデック / オリバー・ベドウズ(Max Kordek / Oliver Beddows)

マックス・コーデックはベルリンに本拠を置くブロックチェーンの起業家です 。
マックスはLisklightcurve GmbHの共同設立者である。

マックスは1991年に生まれ、ドイツのアーヘンで育った。

オリバーはLISKの共同設立者。

2016年、Crypti Foundationに従事していたマックスとオリバーによってLISKの稼働を開始した。
何年も一緒に働いていたにもかかわらず、2人の創設者は実際には会ったことがありませんでした。
オリバーは英国に住んでおり、妻がいる。現在ではオリバーはベルリンに住んでいるかも

マックスとオリバーはLiskのアイデアを提案し、ICOで14,000のBTCを調達する。
LiskのSDKはJavaScriptで書かれており、ユーザビリティに重点を置いています。

2016年5月24日、取引開始直後はビットコインについで2番目に人気を博した仮想通貨となった。


日本の取引所はここ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で  


 





ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



  

どうもフリーザDRGNです。

今日はBioCrypt Technologiesについて書いていきます。

BioCrypt TechnologiesDragonchainのインキュベータープロジェクトの一つです
BioCryptのサイト

DQqPva9UIAEbtRP



BioCrypt Technologies(Bio)ってなんぞや?

BioCryptは比類のない利便性とセキュリティのために、RFID通信と生体認証を利用した埋め込み型または着用型のデバイスを開発しています。
BioCryptは、ブロックチェーンの概念とRFIDを利用して、支払い処理、セキュリティ、アイデンティティ検証に革命を起こすことを目指しています。

身体または指紋スキャン内の物理的な存在による生体認証と組み合わせたPGP暗号化は、利用可能なその他の資産保管システムに優れたセキュリティを提供します。

認証されたBioCryptチップは、複数の暗号化された通貨と同様に、BioCryptトークンの転送を容易にする独自の財布へのアクセスを許可します。

RFIDとは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指す。



ちょっと難しいね...
まだプレセールも始まっていないので
また新しい情報が入ったら更新していきたいと思います。

 


 

↑このページのトップヘ